紙質

マットコート紙

上質紙をベースに艶消し塗料を塗布した高級感ある落ち着いた風合いの紙です。紙面の反射が少なく、文字が読みやすく目に優しいことで、カレンダーに好まれて採用されています。インキ乾燥性やコスレにも強い紙です。

コート紙

上質紙をベースに白色顔料や糊剤などを塗布した滑らかな光沢のある紙です。色表現に優れ、写真やイラストなどのビジュアルがメインのカレンダーに適した紙です。水性ペンや油性ボールペンのインクが乾きにくく、鉛筆でも書きづらい特徴があるためスケジュール重視のカレンダーには不向きです。

上質紙

上質紙は表面に塗布加工されていない紙で、バージンパルプ(化学パルプ100%)で製造されいます。なめらかな表面と風合いを持つ白い紙で鉛筆やボールペンなどでの筆記性に優れています。

ケント紙

ケント紙は製図に用いられてきた固めで破れづらい印刷用紙です。毛羽立ちもなく高級感もあります。鉛筆やボールペンなどでの筆記性に優れています。

マットポスト紙

上質紙をベースに光沢を抑えたマットな質感、あざやかな白さとソフトな肌合いが特徴の紙です。しっとり上品な手触りが人気です。

製本方法

金具

金属の板で巻き込むようにして綴じる製本方法です。原料に鉄を使用しているため、強度があり、古くから多く採用されています。

ホットメルト

紙製のホルダーを上部にホットメルトで圧着させる方式です。紙製なので使用後のリサイクルに適しています。

ツインリング

金属リングを穴に2重に通して綴じます。卓上カレンダーに多く使用されています。丈夫で質感も良く捲りやすいのが特徴です。

ペーパーリング

表紙・台紙・リングは全て紙を使用しており、有害な化学物質は使用しておりません。
使用後は可燃ゴミや資源ゴミとして出すことができるエコ商品です。
リングを取り外す必要もありません。

印刷方法

オフセット印刷

オフセット印刷は版がある印刷方式で水と油が反発する原理を利用しています。インキを一度ゴムのブランケットに移させてから、紙に転写(オフセット)され転写します。このため「オフセット印刷」と呼ばれます。一枚づつめくりながら印刷を行います。

シルク印刷

シルク印刷は版材に絹(シルク)の布をピンと張り、 絹目の間からインクをヘラで擦ることで適量押し出し、インクをのせていきます。現在は、絹布を使用せずインクの通りが良いよう改良された素材を主に使用しています。インクを厚く載せるため小さい文字やグラデーション等の再現には不向きです。

箔押し印刷

金箔、銀箔などに代表される箔を金属の版とプレス機を使って熱と圧力で紙に転写します。通常の印刷では表現できないきらびやかな輝きで高級感を表現可能です。